そして「尾高さん」は素敵です・・・

d0042931_22451444.jpg



そして今夜も「聞くだけ、クラッシック」
            ↑(^^;;;
G.Mahlerです
マーラーが最後に書いた交響曲だそうです。





午後一番からの休憩なしのお打ち合わせで不謹慎かな(^^???
夢と、うつつを行ったり来たりしながら聞いてしまってます。そんな中、なんだか変だけど・・男のひと、そう仕事を全うした男の人の気持ちとでも言うのかなぁ〜〜??
そう、そういう男の人の気持ちなってしまってます。遠い昔の思い出がゆったりと閉じた瞼に蘇ります。なんで??? 自分でも不思議・・・
でも、やっぱり・・・過ぎ去った日々が見えて来ます。そう、お仕事を全うした男の気持ちで・・・
後悔はしてないけれど、そしてすべてを受け入れる準備は出来ているけれど・・・どこかで号泣してしまいたい、そしてそれでも、そんな自分をもしっかり受け止めて静かに微笑む口元、でも瞼は濡れてる・・・
目を閉じて聞いていました、時々瞼を開けて///指揮者の方の背中が見えました・・・。
喉の奥から何かがこみ上げて来ます、そしてなんて言うのかぁ〜〜、
悲しいとかじゃなくて・・・でも、しっかり睫毛は濡れています・・・。悔いの無い、豊かな涙かなぁ〜〜

素敵な演奏でした、素敵な時間でした、素敵な空間でしたそして素敵な体験でした・・・
もしも私が死を意識し始めた少し高齢の男性だとしたら・・・こんなに豊かな気持ちで死を受け入れる事が出来るのかしら・・・分からない、でも私が男だったらこんな感じもいいなぁ〜〜
いやぁ〜〜第4楽章・・・またまたヴァイオリンに魅せられました。
[PR]
by tutino-oto | 2005-10-21 23:24 | ひとりごと | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://tutinooto.exblog.jp/tb/2039396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from yurikamomeの日.. at 2005-10-22 22:10
タイトル : マーラー作曲、交響曲第10番(フィーラー完成版)
 今日は日中は暖かかった。でも午後は天気が下り坂、ある電話で私の気分も下り坂。我慢します「請負」って「うけまけ」って書くから。年度末だし、早く前みたいに復帰したいよ。みんな、私のこと忘れないでね。今忙しいんだよ。  今日は、マーラー作曲、交響曲第10番(フィーラー完成版)。ロバート・オルソン指揮、ポーランド国立放送交響楽団。このマーラーという人の曲はどうも自己完結型で、一見偉そうな理屈をこねているようで、私の嫌いなB氏のような闘争型ではない。自分で勝手に騒いで自分で勝手に納得してしまう。すねた若...... more
Commented by yurikamome122 at 2005-10-22 22:09
そうなんですよねぇ。あの4楽章はグッときます。そしてあの曲でこの世に別れを告げた後、彼は第10番を書くのですが、クックによる全曲版があります。これはもう涙が止まりません。最後の楽章のもう彼岸にいった彼が、吹っ切れた視線で過去を語っているのがきこえます。ぜひぜひ、CDはどこでも手に入ると思います。クックによる全曲版ですよ、機会があったらぜひ。
Commented by tutino-oto at 2005-10-23 09:01
はい、ぐぐっときました。そしてクックの全曲版ですね、胸に詰まった思いを吐き出さなければ・・完結しないようです(^^;;;
<< これって、かなり、逃げ場のない... 移動中、なんじゃぁ〜〜こりゃ?... >>