そして、アンコール曲・・・



ドヴォルザーク スラブ舞曲集 Op.72-2

胸がきゅ〜〜〜んとしてきます。
昨夜、画面一杯に映し出された貴方のこらえた泣き顔が目に浮かびます・・・

女一代記、「瀬戸内寂聴」役の 宮沢りえ 夏の日の別れ・・・
くぅ〜〜〜、昨日の今日です・・・ダブルパンチです
[PR]
by tutino-oto | 2005-11-25 23:39 | ひとりごと | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://tutinooto.exblog.jp/tb/2260413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from yurikamomeの妄.. at 2006-01-26 19:31
タイトル : ドヴォルザーク作曲、スラヴ舞曲 Op.72
 今日もドヴォルザーク作曲、スラヴ舞曲 でも今回はOp.72の方。ラファエル・クーベリック指揮、バイエルン放送交響楽団。  これの魅力、この舞曲でオケみんなが踊っているような、この演奏にかかわっている人がみんなで思い入れを込めてノリにノって楽しんでいるようなところが聴いていると羨ましくなるわけです。  NHK「名曲アルバム」でよく耳にする1番の勢いも間のいい打楽器も演奏と一緒に踊り出したくなる。同じくよく「名曲アルバム」で聴く2番も情感たっぷりにテンポをゆらした傷心も、ちょっと肌寒い早春の風のよう...... more
<< 朦朧・・・ 指揮者 レオシュ・スワロフスキー >>