いつか聞いた妖精のこと・・・

d0042931_2233781.jpg

         さ く ら  素直に綺麗だなぁ〜〜と思う・・・。

いつだったろう・・?もう忘れてしまったけれど・・・桜の花が満開を過ぎて、花びらが散り始める頃・・・心の綺麗な少女にだけ見る事の出来る・・・妖精の話・・・。
花びらが散った後に残る、緋色の萼(がく)この萼を摘みに妖精が桜の枝に手を伸ばしながら飛んでくるそうな・・・この話を聞いた時、もう私は十分大人だった・・・
あれから・・ずっと・・・毎年・・・この時期・・・こんな桜の頃にずっと幹を枝を見上げてみる・・・
「今年も見えないかぁ〜〜」
うふっ・・もっと、もっと「おばぁちゃん」になって心が少女に戻った頃に、出来れば、きっと・・・見てみたい・・・。
[PR]
by tutino-oto | 2006-05-02 22:08 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://tutinooto.exblog.jp/tb/3043487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by takanoshokudou at 2006-05-02 23:58
すてきーーーー(^^)
Commented by tutino-oto at 2006-05-04 10:46
食堂さん・・近くの神社の裏手なんですよ☆
<< 久々の手酌の会・・・プロローグ☆ みっ・・見えた・・・ >>