タグ:仙フィル ( 23 ) タグの人気記事

聴こえる前に感じた気配... 副題、これも音なのだ♪

まぁ〜言ってみれば音の振動を感じた訳ですが...



休憩を挟んで一曲目が終わり...
[PR]
by tutino-oto | 2007-04-14 22:27 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

初・・・☆

d0042931_9525121.jpg

なんだか久々のお出かけ気分です〜♪
二つのロミオとジュリエットを聴いてきた〜〜♪

会場いつもより、お客さん少ない感じ...

綺麗な演奏で、「ブラボー」の声が何回も...
でもって...
アンコールでの一曲が一番良かった☆とみんな思ったはず〜♪

ufufu~~

そういえば、
[PR]
by tutino-oto | 2007-02-18 09:59 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

viola...

d0042931_2326259.jpg以前、情熱大陸のドキュメント(食堂さんが教えてくれた)を観て、虜になってしまった彼女//ベルリンフィルの主席ビオラ奏者 清水直子さんが仙フィルで☆ 
ずっと前から知っていたのに気が付いた時はチケット、完売状態、たまたまキャンセルのその場に居合わせ手に入れた一番前の10番の席・・・・。

more
[PR]
by tutino-oto | 2007-01-27 00:15 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

コンサート

d0042931_21561065.jpg
ジャジャじゃジャーーーーンでおなじみのベートーベンの運命・・・
そして、二楽章・・・なんだかドキドキ・・・

こうして、毎回、ただぼんやりと聴いてていいのか??
フッと思ってしまった。

ピアノも同じ事だ・・・きっと

それから、、少し前から何となく感じていた事・・・
少し仙フィル...何か変わって来てるというか...気のせいかな??
だといいけれど....



[PR]
by tutino-oto | 2006-11-18 00:49 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

地下鉄に乗ってた・・・。

d0042931_23114735.jpg迷った・・・(^^??迷ってなかった、もう昨日の段階で行くつもりだったんだ・・.
昨日の公開リハでかなり刺激されて...
言葉無用、文句無し、良かった・・・。リストのマゼッパって曲も良かったけど、その次が良かった。
ヴァイオリン・・良かった。良かったとしか書けない。
伝田 正秀氏・・・仙フィルのコンサートマスター...いい、凄くいい、ただただ、いいーーー。
ブルック、ヴァイオリン協奏曲 第1番ト短調 作品26・・・

懺悔・・・
[PR]
by tutino-oto | 2006-09-09 00:00 | ひとりごと | Trackback(1) | Comments(0)

遠くで電話が・・

d0042931_22195967.jpg昨夜は半夜勤状態、寝る前に目覚まし時計を少しずらしてお布団に入ったんだけど、朝早くから遠くで電話、遠くで電話のベルの音、頭を振りなから起きて出てみると、元気一杯の母の声、どうも見つけてしまったらしい、どうしても行ってみたいらしい・・・(^^;
まぁ〜私も気になっていた事は確かな訳だし、「どれっ、いくかー』ってことで行って来た。

more
[PR]
by tutino-oto | 2006-09-07 23:56 | 母の日常、父の日常 | Trackback | Comments(0)

久々のオケを感じて・・・

何となく少し分かったような気がした。
コンサートの前に楽器店に寄って楽譜をみてたのが良かったのかも、あっ、いつものソナチネの楽譜だけど・・・(^^;;

要は、コントロールだな☆

暴走も出来るけど、今はしない・・・という選択、コントロールだな

だから暴走出来るくらいの力量をつけないとダメってことなだな・・
はぁ〜〜〜長い道のりになるのかもしれないなぁ〜

ソナチネ・・・モツァルト、ベトベン、「D」の表示だった。という事は難しいという事、そうださ難しかったもん、でも・・・もう少し頑張れば、又違う何かが見えてくるなっ、

うん、いいぞーーーもう少し頑張れるかも☆
一言で...、まあ結論から言うと、行って良かった、うん、良かったね☆
第二ヴァイオリンがシャカシャカシャカ・・・音を紡いでいるそこに第一バイオリンが音を重ねる、そこにチェロ、そしてビオラがググググッと入って後ろからあれなんだっけか?がモリモリパワーでドドーーーーンとさらに重なって、なんつうか ぐわーーーって感じ☆

最初はパートごと細かいところを詰めてる風で、楽譜もあっち行ったり、又戻ったりって感じだったんだけど、部分部分でパートを重ねていって、団員さんと指揮の方とで音の確認をしていってる、その英語で←団員さんもさらっと英語で話してるんねっ、ユーアンダースタン、フフーーンみたいな、
@0@;チョコットビックリ(こんなとき、単細胞の私は、やはり今からは英語も生活必須科目か、などと思ってしまう タジタジ)で、話を戻そう。
そうなのね、音ってこうして創って行くんだーっ(驚)パートごとに積み重ねて行く訳ねー(発見)
いやー、私にとっての「初公開リハーサル」いつもの黒服の皆さん達も今日はラフな格好です、もちろん指揮者の方もラフ、ジーンズに黒のポロシャツ・・なのに最後の最後のそう最後のタクトを持ち上げた姿はグンと背がのびた、体が大きくなった感じがしたと思ったら、オーラがそしてパワーがみなぎりシャカシャカシャカ....シャカシャカシャカ...
んんんん〜〜〜〜??何だこれどこかで聞いた事あるような無いようナーーー???パンフ持たずに席についてしまった私..、はてなバルトーク・・・・・・(--?? 当たり☆☆ 当り大当たり☆☆ バルトークでした。
リハーサルの最後の〆を堪能して、急にムズムズ・・・、明日の本番聴きたくなった・・・どうしよう(~~;;


[PR]
by tutino-oto | 2006-07-23 10:16 | piano.. | Trackback | Comments(0)

久々の・・・

d0042931_22463411.jpg
久々でクラッシックコンサート・・・『のだめのcd』で刺激されて、かなり前からご予約☆した、結構楽しみにしていた「ラフマニノフ ピアノ協奏曲 第二番ハ短調作品18」・・

・・・んぅ〜〜〜〜〜ン、なんか期待し過ぎだったみたいd0042931_22505298.jpg
チャイコフスキーも・・・良かったんだろうなぁ〜〜(~~??
なんか分かんない・・・。
定期演奏会の方が聞きやすいなっ、今夜はシーズンオープニングコンサートって事で、なんか会場の雰囲気もいつもと違うような気がする・・・。

定期演奏会の時は、なんていうか聴く側も「さぁ〜〜聴くよぉ〜今夜はどんな感じ・・??」って一瞬、緊張感が漂って・・そして最初の音が奏でられる・・・それがオケにも伝わって相乗効果でいい感じなんだけど・・・。今夜の私はなんか??でも私だけなんだろうなぁ〜〜なんかなぁ〜〜。キットいい演奏だったんだろうなぁ〜・・拍手喝采だったから・・
『『定期演奏会の仙台フィルはもっと上手だよッ』』って言いたい☆
聴き手にも問題ありなんだよなキット・・もっと上手に聴こうよぉ〜〜〜。もっとさぁ〜〜、折角 生で聴いてんだからさぁ〜、ライブだよライブ・・・(←クラッシクもライブとか言うのかなぁ〜〜なんか勿体なかったなぁ〜〜なんか上手に乗せきってない感じ・・って感じ(^^;;  でも拍手喝采、足踏みまで..アンコールもあった・・・みんなアンコールの時だけはちょっとオケに注目してるんだもん・・遅いよぉ〜〜、もぉ〜〜 もっともっと上手いんだよ仙台フィルは・・monnmonn
[PR]
by tutino-oto | 2006-04-14 23:05 | ひとりごと | Trackback(1) | Comments(0)

指揮者 レオシュ・スワロフスキー

d0042931_22585185.jpg
今夜も聞くだけクラッシク、ドヴォルザーク、知ってる曲・・・と言う事で少しワクワクしてる私です。
・・・良かったです。

交響第9番 ホ短調 Op.95「新世界より」

そして「のだめ/千秋」の影響かな(^^??今夜は指揮者が気になるなぁ〜。
素人にも分かりやすい指揮で、なんだか自分が「指揮棒」振ってる気分です(生意気、言ってます^^;;)
何度か聞いた事のある「新世界」はいつもより、少しロマンチックな音色に聞こえたような気がします。d0042931_2314034.jpg
そして、指揮者と言えば・・・
「仙フィル」2006年4月から新指揮者体制で始まるようで・・・。
指揮者が変わると 奏でる音も変わるんだよなぁ〜〜「のだめ」で学習した私(^^;;
楽しみであるような・・・少し不安でもあるような・・・。
尾高さん、そして結構 梅田さんの指揮も好きだった私・・・うぅ〜〜ん微妙
[PR]
by tutino-oto | 2005-11-25 22:50 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

そして「尾高さん」は素敵です・・・

d0042931_22451444.jpg



そして今夜も「聞くだけ、クラッシック」
            ↑(^^;;;
G.Mahlerです
マーラーが最後に書いた交響曲だそうです。

More
[PR]
by tutino-oto | 2005-10-21 23:24 | ひとりごと | Trackback(1) | Comments(2)